カウンター

サビキおじさん

  • 8/10(金曜)

夏の漫画祭りが開催されているその頃・・。
大矢野へ海釣りへ。サビキでなんか釣れてるらしい。面子:H君、くま、俺


途中弁当などを買出し


手書きのポップで立ち昇る場末ムード。良いね。




現場到着。飯など。プリキュアのパンについてるおまけシールがパンの下に直接敷いてあるんでtyottohikuwa・・。


ー中略ー


オキアミ、パン粉、自宅に有った米糠を混ぜたマキエサを使ってサビキ仕掛けを投入。すると・・。



デデーン。イワシ復活!


これカタクチイワシかな。小指みたいなサイズが釣れて来る。
時折サヨリとトウゴロウイワシも混ざる。トウゴロウイワシは地元の爺さん曰く「猫跨ぎ」で不味いんで外れイワシ。



サビキおじさん



中国虫ちょい投げおじさん



釣りをサビキおじさんに絞る俺


(・ω・)「なんか水中に平たい魚がおる
(・ω・)「あ、これチヌか?。掛かってるなこれ
H君「タモ出す?
(・ω・)「無論


車内に放置されたタモアミを取りに帰るH君


(・ω・)「このチヌアフターのバスみたいにへろへろしてるわ
(・ω・)「このリール(ダイワ・リバティ)ぼろくて全然ドラグで糸出んなワロタ

ドラグを緩めた後にベイトリールの様に手で糸を引き出す。


H君「タモ持って来た。なんで俺がこんな事を・・。ゼイゼイ

タモング。タモングで魚を枠に入れた後に糸切れた。サビキ幹糸0.6号だったんで(・ω・)



デデーン。チヌアウトー




痩せていたが45cm位。まぐれだがチヌ自己ベストサイズかも。サビキ・・。



釣り上げたチヌを見て、突然興奮する家族連れと子供ら

(・ω・)「血を抜いて絞めとくか

挟みでチヌの首を切って絞める

子供等「うおお!?殺すんだああああ!・!??・「
(・ω・)「お、おう・・。血抜きしないと不味いからね



親「これ写真撮りたいんですけど持って良いですか?
(・ω・)「別に良いですよ。歯が鋭いんで魚バサミ使ってね。

親顔Wピース

親「良い思い出になりました。ありがとうございました^^
(・ω・)「そうなんだ


H君「写真取ってどうするんだろう?自分で釣ったことにするのかな
(・ω・)「さあ?
H君「絞めた魚って傷で見栄え悪いよね
(・ω・)「思い出には成る


ー中略ー


H君「サビキは漁に近くて詰まらんな。だるいわ
(・ω・)「ライブベイトですし御寿司


H君「おおお?。な、なんか来た?!



セイゴ来た


H君「やっぱサビキやな^^
(・ω・)「漁おじさん。それは・・。



ちょい投げおじさんが釣ったスレ掛かりのコチ

とアナゴ



サビキ:カタクチイワシ、トウゴロウイワシ、サヨリ、アジ、コノシロ、チヌ、セイゴ
ちょい投げ:グチ、シロギス、トラハゼ、コチ、アナゴ
数は出なかった感はありますが色んな魚種が釣れて楽しめました。
トウゴロウイワシは不味いらしいんで冷凍して釣り餌にしよう。


サビキ仕掛けは「カワセミ針、ママカリ仕掛け」が良く釣れました。ヒットルアーは全体に公開。
スキンの色付きよりは白っぽい魚皮の方が良いみたい。魚小さいんで3号か4号くらいで。
サビキのかごは洗濯バサミタイプの物が手が汚れにくくて使いやすいですよ。