カウンター

2016 KOG大分予選に参加した

  • 6/5(日曜)雨:大潮

2016 KOG大分予選に参加した。大会の場所は大分県の日指ダムです。草が同行


熊本地震の被害で57号線が通行不能だったので、迂回路のミルクロードから大分県

九重ICから入って日指ダム側へブーン



九重ICのトイレ。深夜早朝のトイレはここ位です



〜日指ダムに着いてから大分勢の方々と適当に合流〜


うどん「おはようございます
草「おはようございます
(・ω・)「おはようございます


(・ω・)「今日は釣れると良いですね。プラ無し感
草「寝てないんで辛いです
うどん「前日には結構雨が降ってましたよ
(・ω・)「ボコボコ釣れる感じじゃないんですかね。二日間雨だと水温下がるし
うどん「そっすね
裏さん「今日は普段の日指ダムの大会よりは釣れるんじゃないですかね多分



〜当日の大会開始前のミーティングで大会ルールがアナウンスされる〜


集結する日指戦士たち



主催の人「今日は普段は立ち入り禁止の※奥の細道エリアが特別に釣り可能です
(・ω・)「
うどん「


〜どよめく会場〜


うどん「うあ゛〜。マジか??!
(・ω・)「は・・?全く聞いてませんが何それ・・??!
草「??←日指ダムが初見なので良く分かっていない。釣り大会は初めて


以前は土日の曜日だけ一般開放されていたエリア。柵の老朽化から現在は全ての曜日で立ち入り禁止に成っている
奥の細道は画像右側赤線のエリア。日指ダムの1/3位のエリアですね。ぐええェ(@ω@)
※WEBによる事前告知一切無し



突然の当日裁定ルールに戸惑う俺 
非常に迷ったが、最初は奥の細道エリアに行くのをやめて、当初の予定のエリアへ行った。草が同行



〜当初の予定のエリアに到着すると、若い番号で先行してる選手が居たのでその隣で釣り開始〜


最初はブレーデッドジグを丁寧に引くと釣れるのでは?という妄想に駆られていたが
ノーバイトが続き、その他の横の動きのルアーも食ってくる感じではなかったので
そういうのを察した上でゴムでジワジワするのを主にする



ー中略ー



(・ω・)「当りないなー。有ってもギルっぽいのだけ
草「当り無いです


ー中略ー


草「全然駄目ですねここ。見えバスもあんまり居ないし
(・ω・)「エリアがアカンなーここは。場所移動しよう



非常に迷ったが、奥の細道エリアに大きく移動

奥の細道エリアの某所に到着〜


某所にはうどんが先行していた+その他2名の選手、計3名が居たので
人が入るキャパが足りず某所での釣りを断念。うどんは某所で1匹釣っているようだった



(・ω・)「あー。ヤベーなこの試合の流れは・・
(・ω・)「仕方ないから戻りながら奥の細道エリアの林の間を釣ろう
草「


ー中略ー


暫くすると、草と俺の間で釣りをしていた選手にバスがヒットした


(・ω・)「
草「


ー中略ー


(・ω・)「んー。ここヨクナイネ。最初のエリアの方がまだましだったかも・・
草「そうですね。ここよりはマシでしたよ



奥の細道エリアから最初に入ったエリアに大きく移動し戻る
この時点で10時を回り、終了の12時までの残り時間が少なくなっていた



〜最初に入ったエリアに到着〜



(・ω・)「今度はなんか見えバス居るなー。40cm位のが足元に


ー中略ー


(・ω・)「ルアー食わんな
(・ω・)「ネストっぽいのかなこの個体は。口に怪我の跡が有る



自分から見えバスへの距離が近すぎて、人を見られるのでルアーで騙すのが無理感有る
見えバスはギルやバスを威嚇して追っ払っていたが、仕舞いにはバス同士で噛み付き合ったりしていた


(^ω^)「仲良さそう。ウケルー(ほのぼの
草「全然食わない・・。当りすらない・・



足元の見えバスは無理なのが実感できたので
サイトをやめて岸と平行のキャストを続ける事にした。つーかサイトで釣ってる時間無いです


ー中略ー


暫く常吉リグで探っていると糸が走る明確な当たりが!

フッキングすると中々良いサイズのバスがヒット







(・ω・;)「暴れんなよ・・暴れんなよ・・







痛恨のバラシ!



(@ω@)「うあぁ"゛“”〜!!!??



バレた原因。針先が若干斜めに成って鈍っていた
恐らくキャストの時に樹木に当ったかせいか、ハングオフ後にフックの異常に気が付かなかったんだろうね
フックに煩いおっさんがフックが原因のバラシをやって真に遺憾である




掛かったバスは水中の木の枝の上に浮いてた個体だったみたいです
これは数キャストして後で分かった事だけど


〜そのまま何も起きず時間切れ。ほげ〜



(;ω;)「ワンチャンミスって終わりか・・。うゥ・・
草「当りすらなかった・・



〜閉会式に向けてホールへ帰着。ほげった時の足は何故こんなに重いのか〜



ご飯から閉会式へ



タフで余り釣れてないのかなーと思ったら
参加者84名のうちの半数の40名ほどはバスを持ち込んでたようで、思ってたよりは釣れた大会みたいだった
タフと言うか俺が釣ってたエリアがクソ過ぎだったみたい。最初のエリアの選択した時点で終わってたな



上位の方々は大分地元の方々が多く流石に地力有るなって感じでした。おめでとうございます(^ω^)



釣れた大会だったので上位3割予選通過のルールでバスを釣ってきても
予選通過出来ない足切りが多かったみたい
うどんさんはバス一匹で微妙なウエイトだったが無事予選を通過。おめでとうございます(^ω^)



ほげったメンズにはイヨケンがWヒットし笑顔で煽ってきた画像



草「当りすらなかった・・。寝てないんで辛い
(・ω・)「良い経験になったね






大会参加された方々、スタッフの方々雨の中お疲れ様でした



行きと帰りで迂回路のミルクロードが濃霧状態だったので怖かった帰宅。



  • この大会の反省点

フックが鈍っていたバラシの原因は真に遺憾である。今後は絶対に許されない


ばらした時の使っていた竿がライトアクションのソリッド竿だったのがバラシの要因を増やしていたと思う
俺は日指ダムの大会ではバラシで終わりのパターンがやたら多いが
バラシをやったときはライトアクション以下の竿の事が殆ど
これは熊本で普段釣ってるバスより、ギル食の日指ダムバスの口や顎が硬いせいだと思う
ライトアクション以下の竿のルアーの繊細な動きとかは、バラシに比べたらどうでも良い事だから
今後の日指ダムの大会ではミディアムライト以上の竿でフックを貫通させる事に重点を置くべきだろうと思った


エリアの選択ミス。釣り大会でこれは死活問題なので終わってたナー(・ω・)
奥の細道エリアの当日裁定に関しては予想出来なかった為どーしょーも無かったけどナー



  • 大会のスタッフの方々へ

奥の細道エリアが釣り可能に成った当日ルール裁定ですが
普段は立ち入り禁止の場所が釣り可能エリアに成るのは予想外でした
大会ブログの事前告知では禁止エリアに指定されていましたので


エリアが広がると用意しておくタックルが当然全然違ってくるので
大会直前のミーティングでの告知は勘弁して欲しかったです。大会直前なので竿の入れ替えも出来ませんでしたし
大会の開幕から嫌な気分に成りました


また、今回は奥の細道エリアのバックウォーター側の柵が開放されておらず行き止まりに成り
対岸側へ行き来出来なかったので、移動のタイムロスとなりました
これも参加者には予想できない事なので事前に告知しておくべきだったと思います


大会のエリアが広がる事自体は、慢性的なキャパの問題が有るので歓迎しますが
地区毎のルールは大会ブログで詳しく事前の告知をお願いしたいです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




メイホウ(MEIHO) VS−L430

税込727円。ガルプ等の汁系ワームの保管にはこの箱がお奨めです


ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ バリュースター 300m

フロロマイスターよりは伸びが少ない。税込980円