カウンター

アジングが激タフだったので抑えでコウイカを釣って身を確保

  • 11/9(木)-11/10(金)晴れ:小潮

主にアジングに行った。天草上島の現場漁港に到着
(・ω・)「アジ居らんやんけ。今年は入ってないのかな?移動しよ


移動してあてにしていた漁港に到着。何故か常夜灯が全て消えていた・・
(・ω・;)「サーッ!(迫真)


(・ω・)「今から天草下島の通詞島まで行けば満潮直後から下げ潮がやれるな
(・ω・)「クソ遠いしだるいな・・

(・ω・)「やっぱ通詞島いこ。他にあてが無い


~車でじゃんじゃか走って通詞島に到着~

(^ω^)「さーて釣るぞー♪

f:id:puchitenshi:20171126005748j:plain

 

表層は豆アジ→底の方をキャロライナリグで探ると金魚地獄・・
(・ω・;)「サーッ!(迫真)

 

風が強いわ通詞島名物の左右に流れる激流だわで当たりが遠い。極めてタフ

f:id:puchitenshi:20171126010755j:plain


AM3:30頃一旦納竿し熊本市内側へ戻る
釣果が貧しすぎたので抑えとして大矢野付近の漁港でコウイカを釣る事にした

f:id:puchitenshi:20171126005930j:plain

 

コウイカの大まかな釣り方。コウイカの大まかな釣り方は「根掛りしないように気を付けながら底のズル引き」です。大矢野付近はアオリイカよりコウイカの方が釣れ易い

puchitenshi.hatenablog.com


デフレエギの先端に底を取れる錘を付けて底をズル引き
ナス錘の手持ちが無かったのでスナップの前にバレットシンカーを通して置いた
底を釣るので安いデフレエギの方が良いです。根掛かりで無くすので

f:id:puchitenshi:20171126005955j:plain

 

(・ω・)「あー?今年はアマモ生えてねえなここ。草ねーよ草・・

 

防波堤を小移動しながらエギを投げていると
アマモが生えているエリアを発見。アマモはエギのカンナに付いてくる
コウイカはアマモの周囲に居る場合が多いです。・・と感じる俺は。実際は現場のイカに聞いて下さい

f:id:puchitenshi:20171126010015j:plain

錘付きのエギだと干潮ですぐに底につくので 錘を外しDEEPと書いてある底用のデフレエギにチェンジ

(・ω・)「今年はアマモが生えてるエリアが違うんだな


エギをズル引きしながらアマモが当たる場所を丹念に探る
アマモからエギが外れた瞬間のハングオフコウイカが乗ってきた

f:id:puchitenshi:20171126010240j:plain

バスみたいな食い方するイカだな・・

 

身の確保が出来て本当に良かった・・。納竿し帰宅。

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

f:id:puchitenshi:20171126010506j:plain