カウンター

各社ブレーデッドジグ(チャターベイト)の使用感レビュー

  • 俺がブレーデッドジグを使う場面

一箇所で粘らず面で広く流して行きたい
バスが広範囲に散っている
人為プレッシャーでバスがスレている
スピナーベイトやクランクベイトだとルアーが強すぎる
底一面に藻が生えていて、藻以外の根掛りが置き難い
この内の複数か、どれかが当てはまっていたら大体ブレーデッドジグを使う

  • 根掛りに関して

ブレーデッドジグはそもそもスピナーベイトやクランクベイトに比べると
メーカーが詠う程はカバー回避してくれないので、水中の沈み物を考えて使った方が良い
例えば、ブレーデッドジグでテトラや沈み立木郡の有る箇所を引いてくると
直ぐにハマって根掛りするので釣具店が儲かるだけです


※「チャターベイト」はZ-MAN社の商品名なので「ブレーデッドジグ」表記が正しいと田辺哲男氏が言っていた
それに習って「ブレーデッドジグ」表記で進みます。死ぬほど面倒ですねコレ・・
#お前ら田辺哲男が好きなだけだろ



〜以下俺が使ってるブレーデッドジグのレビュー〜
※基本的に陸釣りを踏まえたレビューです

  • ジークラック社 スイングチャター


その他のブレーデッドジグと比べると引く事で生まれる揚力が強い
3/8オンスサイズでも1/4オンス感覚の棚で引ける。この事から底を攫い難いので藻が生えた釣り場に向いている
揚力を生かしてハイシーズンなら水面付近や水面直下をバジングする感じで使うと効果が有る ○
フックはオーナー社で鈍り難い ○
フックキーパーはズレ難い ○
鉛ヘッドなのでぶつけても壊れ難い ○
手頃な価格 ○
若干入手難。ジークラック社が別のブレーデッドジグ(ゴーゴーチャター)を発売したせいか品薄 △


藻の生えた釣り場で陸釣りならスイングチャターがかなりお勧め。安いし
浮き上がり易いため、水深の浅い釣り場で活躍(^ω^)
★★★★★


  • ジャッカル社 ブレイクブレード


V字のワイヤーガードが付いているのが特徴。このワイヤーガードが適度にカバー回避する
バスの当りを弾く程には強くない絶妙なガード調整
冒頭でブレーデッドジグの根掛りのし易さについて書いたが
ワイヤーガードが優秀なのでカバーの傍を通す程度には使える
スイングチャター程ではないが、引く事で適度に浮き上がる
フックはオーナー社で鈍り難い ○
フックキーパーはズレ難い ○
価格は高いがジャッカル社なので出回りも良く入手し易い ○


ブレードを一回り小さくしたチューニングモデルのウイニングスペックも有るが
このモデルは毛の感じが長過ぎてあまり好みで無い。毛をカットしたら良いけど


適度なカバー回避性能に加えて、ケチを付ける箇所が少ないバランスが取れたブレーデッドジグなので
とりあえず釣りたい人にはこれがお勧め。ジャッカル社なのが難点。星一点マイナス
ワイヤーガードの弾きが気に食わないならニッパーでチョン切ろう(・ω・)
★★★★☆



  • ノリーズ社 フラチャット


他のブレーデッドジグと比較すると底に潜る傾向がある
微々たる程度だが回避性能が有る。潜るので藻には弱い △
ヘッドの仕掛けで音が出るので集魚効果が期待できる。濁りに強い ○
いかつい形のフックはどのメーカーかは謎だが鈍り難い。鈍った後も研ぎ易い円錐 ○
フックキーパーはズレ難い ○
トレーラー専用設計の「フラバグ」2本を付属 ○



細かい石ころ程度なら、クランクベイトのリップのように斜めに突き出たヘッドで回避する
これと潜りやすさを踏まえると水深のあるダム湖や足場の高い釣り場向き。どちらかと言うとボート向け
世界の田辺哲男なので星一点プラス(^ω^)  
#お前ら田辺哲男が好きなだけだろ
★★★★☆


  • OSP社 ブレードジグ


回避性能がその他と比べると結構低めに感じる ×
プラスティック製の透明ブレードがスレたバスには良さそう △
プラスティック製の分厚いブレードなので金属のブレードで無い分、ブレードの藻狩り効果が低い様に思う ×
フックは中華製の謎フックと思われる。鈍り易いので×
フックキーパーはハイピッチャーと同じ方式 △
トレーラー付属 ○


OSP社 アクショントレーラーについて



川村光大郎氏が熊本のセミナーに来た際に
ジグトレーラーのデザインはプリンスではなくプラグのデザイナー(DUOの人?)がした
ブレードジグを発売した当時は千鳥が強いチャターが良しとされていた風潮だった為(モグラチャターが流行っていた
アクショントレーラーは千鳥を起こし易いデザインに成っている
プリンス的にはチャターは千鳥が無い方が良い為、ドライブスティックスペック2をトレーラーにする
との事だった。暗にアクショントレーラーをdisってんのかしら?(・ω・)



アクショントレーラーは4つの腕の外側2本をもいだら
この手のスプリットテールタイプと大差なくなるので千鳥は少なくなると思う


ブレードが透明な事を除けば至極普通のブレーデッドジグ
フックがクソっぽいのが大幅な減点に。ジグのフックは交換できないので(・ω・)
★★☆☆☆


  • イマカツ社 モグラモスチャターハイレブ ※解説はその他の廃盤モデルも含む。大体同じなので


プリンスではないけど俺も別にチャターは千鳥ら無くて良いと思っているので。千鳥を売りにされてもな(・ω・) △
フックは中華製の謎フックと思われる。鈍り易いので ×
フックは大物用でないバージョンもフックのサイズ感が若干大きい △
フックキーパーは普通の物なので工夫しないとズレる ×
イマカツ社はトレーラーにジャバロンの類を進めているが、直ぐモゲて大先生が儲かるだけなのでやん無い方が良い ×


一世を風靡したが今となっては至極普通のブレーデッドジグ
フックがクソっぽいのが大幅な減点に。ジグのフックは交換できないので(・ω・)
★★☆☆☆


  • イマカツ社 シェイキーチャター


その他とは毛色が違うが一応
ガード付きでスモールラバージグ感覚で使えるので停めて置ける ○
フックは中華製の謎フックと思われる。鈍り易いので ×
入手難だが投売りしている事が有る。ナチュラムなど △
地味に釣れる ○


スモールラバージグでは気が付かないかな?といった状況に使うと良い結果が出易い
フックがクソっぽいのが大幅な減点に。地味に釣れるので安ければ買い。小規模野池ならこのサイズ感だろうね(・ω・)
★★★☆☆




番外編。バスを釣った事無い製品


フックが馬鹿でかいのでそれに伴って付けるトレーラーも大きくなる。ハス食いのバスに使ってみたい
釣った事無いから他の感想は特に無い

  • フィッシュアロー社 DKチャター・ウィードレス


オフセットフックがスプリットリングで連結されており
フック交換も出来るし良いじゃないの?と思って使ってみたが
ことごとく当りを弾いて魚が掛からないので二度と使いたくなくなった(@ω@)
幾ら回避性能が高くてもバスが掛からないなら意味が無い×
浮き上がり易い△
★☆☆☆☆


  • 10フィートアンダー社 アディ


ビックリマンみたいなブレードが強過ぎると思うのでまず萎える
俺のブレーデッドジグの出し所は「人為プレッシャーでバスがスレている」時が多いので
ここまで強いルアーだとスピナーベイト引いたら良いじゃんと成ってしまう
使用フックはFINA社のフリッピンストレートだったと思うが経線が太すぎる
ワームキーパーの針金がクソ太いのでワームが壊れ易い


※2017/02/09 一応釣れた
ブリブリ体型の小バス アディのチューニング
アディのチューニング方法


※下記リンク先の記事も参照
ブレーデッドジグ(チャターベイト)に付けるトレーラー 各社レビュー含む
ブレーデッドジグ(チャターベイト)竿やリールのセッティング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ナチュラム5千円以上購入で送料無料★

ジャッカル(JACKALL) ブレイクブレード

平均点が高い。税込1,079円

Z-MAN チャターベイト

税込424円

メイホウ(MEIHO) VS−L430

税込727円。ガルプ等の汁系ワームの保管にはこの箱がお奨めです