カウンター

買った漫画など

漫画ですけど漫画の絵についてです
自分の絵柄の好みにもその時々で波がある事に気が付いた


基本的には迷いのない線がびゃっと通ってる作家が好きです
これは余り変わってないかも


アクジキ (1) (角川コミックス・エース 279-1)
ここ数年はこういう記号化した絵が好きに成って来たようです
漫画の読みやすさが好みに直結してきた


神話ポンチ 2 (ヤングガンガンコミックス)
桂明日香の漫画は読んでて疲れることが有るけどなんか読んでしまう
ハニカムとか疲れる。でも読んでしまう
キャラのパーツの描き方が好きなんだろうなー多分
目元のまつげの書き方が好きな気がする(自己分析



最近は冷めた視点で客観的に自分の絵の好みを分析しているっぽい
この作家のこのパーツの書き方が好きなのかなーとか


普通は自分で書く絵が好きな作家に似通ってくるとかそーいうのが有るんだろうけど
なんか自分はそうでもないんです。好きだけどそれと之とは別。的な


ぶっちゃけ絵を描くこと自体は余り好きでない気がする
絵が完成したときの達成感は若干はあるんだけど基本苦行ですね。脳から幸せ成分が出てない感じ
ぶっちゃけ過ぎてどうしょうもないんやなw



まとめ→全く纏まらない



この間fkに絵的な事を聞かれてライフが0に成ったので自己分析してみました
よりによって俺に聞きやがって・・。つらい。ほんま辛い。