カウンター

大矢野で夜釣り

  • 2/16(土曜日)

大矢野へ夜釣りに。メバル狙い。面子:俺、H君


開始






潮のせいもあるがメバルは全然活性高くなかった。ガルプ使ってリリースサイズがポツポツくらい。



代わりにセイゴがそれなりに釣れた。二人の釣果。身の多い魚が釣れたら満足やねんで。
推定50〜60位の大きいのが何本かバレた。メバル竿だとカバーに潜られるねー(・ω・)


  • セイゴの大きいのは↓で釣れた。

月下美人のシャッドテイルのワーム(波動を出してアピールした
アクアウエーブの筒刺しワームの長い奴(長さを大きくしてアピールした


軽いジグヘッドリグなら何でも釣れると思うけど、飽きられる前にルアー変えたほうが当たる。
セイゴはメバルと違ってガルプでなくても別に良い気がする。小魚っぽいベイト喰ってる感が強いので。



ジグヘッドを根掛かりで結構消耗したんで無くした分自作して増やす。


ペンチで摘んで瞬着流して余分な瞬着をティッシュで取る。瞬着入れないと外れ易い。
瞬着がラインアイを潰したままだとストレスマッパになるのでちゃんと穴の確認はしようね。

あと、メバル用の細軸バリジグヘッドだとペンチで外す時折れるなー。ムダなんで今後セイゴ釣る時は中軸ワイヤーにしよう。


関門工業のこのガン玉は焼付け塗装されてて、鉛の硬度も結構硬めなんでジグヘッド自作にはお勧め。
変形し難く粉を吹き難いジグヘッドが出来ます。
普通に鉛なので「地球に優しい」は?だけどなー。宇土のトライアルで売ってたよ


このメーカーエキップのラバージグを作ってるとこと同じらしい。




スチレン系の新素材で出来たワームには夜中鈎を通すのがめんどくさいんで、予めジグヘッドを付けて置きます。
普通の塩ビとかガルプの類はセットが早いハヤブサの真っ直ぐジグヘッドです。自分はこの形に落ち着いた。



宇土マリーナで小休止して帰宅。